家庭で出来る温暖化防止


週2日往復8Kmの車の運転をやめる

通勤や買い物にバスや鉄道、自転車を利用しましょう。歩いたり自転車を使うと健康にもいいですよ。

年間約185KgのCO2の削減
年間約8,000の節約
家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らす

家族が別々の部屋で過ごすと暖房や照明も余計にかかります。

年間約240KgのCO2の削減
年間約11,000の節約


待機電力を90%削減する

主電源を切りましょう。長期間使用しないときはコンセントを抜きましょう。

年間約87KgのCO2の削減
年間約6,000の節約
シャワーを1日1分間家族全員が減らす

体を洗っているときにお湯を流したままにしないようにしましょう。

年間約65KgのCO2の削減
年間約4,000の節約


買い物袋を持ち歩き、省包装の商品を選ぶ

トレーやラップは家に帰れば直ぐゴミになります。

年間約58KgのCO2の削減
1日5分間のアイドリングストップを行う

駐車や長い間 停車するときは車のエンジンを切りましょう

年間約39KgのCO2の削減
年間約2,000の節約


冷房温度を1℃高く、暖房温度を1℃低く設定する

カーテンを調整したり着る物を工夫して、出来るだけ冷暖房に頼らない

年間約31KgのCO2の削減
年間約2,000の節約
ジャーの保温を止める

ポットの保温は利用時間が長い為多くの電気を消費します。ご飯はレンジで再加熱した方が電力の消費は少なくなります。

年間約31KgのCO2の削減
年間約2,000の節約


風呂の残り湯を洗濯に使いまわす

年間約17KgのCO2の削減
年間約5、000の節約
テレビ番組を選び、1日1時間テレビ利用を減らす

見たい番組だけを見るようにしましょう。見ていないテレビのつけっ放しをやめましょう。

年間約13KgのCO2の削減
年間約1,000の節約





エコドライブ

空ぶかしをしない

空ぶかし10回で約60cc(約700m走行分)の燃料が無駄になります
急発進急加速をしない

急発進10回で約170cc(約2,000m走行分)の燃料が無駄になります
不要な荷物を載せない

10Kgの不要な荷物をのせて50Km走ると、約15cc(約180m走行分)の燃料が無駄になります
計画ドライブ

道に迷って10分余計に走ると、約350cc(約4,1000m走行分)の燃料が無駄になります
定期的点検整備

タイヤの空気圧が0.5Kg/cu減っている状態で50Km走ると、約150cc(約1,800m走行分)の燃料が無駄になります






環境家計簿

簡単な環境家計簿をつけて、地球にも懐にもやさしい生活を始めてみませんか?
*CO2排出量は、各項目の使用料にCO2排出係数をかけ算してください

項目(単位) 1ヶ月目 2ヶ月目
使用量× CO2排出係数= CO2排出量 金額 使用量× CO2排出係数= CO2排出量 金額
電気(kwh) (メーター)   × 0.36 = (kg) (メーター)    × 0.36 = (kg)
ガス
(m3)
都市 (メーター)    × 2.1 = (kg) (メーター)    × 2.1 = (kg)
LP (メーター)    × 6.3 = (kg) (メーター)    × 6.3 = (kg)
水道(m3) (メーター)    × 0.58 = (kg) (メーター)    × 0.58 = (kg)
灯油(リットル) × 2.5 = (kg) × 2.5 = (kg)
ガソリン(リットル) × 2.3 = (kg) × 2.3 = (kg)
アルミ缶(本) × 0.17 = (kg) × 0.17 = (kg)
スチール缶(本) × 0.04 = (kg) × 0.04 = (kg)
ペットボトル(本) × 0.07 = (kg) × 0.07 = (kg)
ガラスビン(本) × 0.11 = (kg) × 0.11 = (kg)
牛乳パック(本) × 0.16 = (kg) × 0.16 = (kg)
食品トレー(枚) × 0.008 = (kg) × 0.008 = (kg)
ごみ(kg). × 0.84 = (kg) × 0.84 = (kg)
CO2排出量合計 (kg)   円 (kg)  円
1ヶ月の家計節約額  (B-A) =            円 年間節約見込み額 (B-A)×12 =           円




簿

使

■電気、ガス、水道については1ヶ月分をメーターもしくは請求書で調べてください。.
■アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、ガラスビン、紙パック、食品トレーはリサイクルに出さずに、
 捨ててしまったものを数えて使用量の欄に記入してください。
■排出係数に使用量をかけ算して、排出量欄に記入してください。この合計があなたのご家庭
 から出されている二酸化炭素(CO2)の量です。
■二酸化炭素の排出量を10%減らすことをめざして、2ヶ月間チャレンジしてみましょう。この表
 にあげられていること以外にも二酸化炭素を出すことにつながることがあります。独自のエコ
 ライフを工夫してみましょう。
■金額の欄には、その月の使用量に該当する金額を記入してください。多くの場合、電気・
 ガスは翌月、水道は2ヶ月ごとに請求書がきます。排出量が減ると金額も減っているはずです。

環境省地球環境局監修、全国地球温暖化防止活動推進センター制作発行のパンフレットから著作権範囲内での転用編集しました
地球温暖化についての詳しい内容は『地球温暖化防止のリンク集』http://www.sinbun.co.jp/kenkou/link/linkco2.htmlをご覧下さい

///////////////////////////////////////////////////////
網地島研究所  http://www.ne.jp/asahi/aji/island/index.html
////////////////////////////////////////////////////////

inserted by FC2 system